アメリカ大暴動と友人の黒人大学生ライアン 前編

アメリカ大暴動と友人の黒人大学生ライアン 前編

1980年代、テネシー州の大学に留学した。
高校生だが、アメリカの大学生が住んでる寮で暮らした。
寮の大学生は18歳から50歳ぐらいで、アメリカの大学の年齢層に驚いた。
高校生には刺激の強いものを沢山見せてくれたりした。
ショッピングモールに行くのに、車に乗せてもらうと、フロントミラーにネックレスなどが掛かっていて、女性の扱いに関する説明をしてくれた。

ライアン(仮名)となぜか親しくなった。
身長2メートル、体重80キロぐらいの細身の長身の黒人学生で、ラップ音楽の話、家族の話などをよくした。
食べるときは必ず「半分いる?」って聞いてきた。
共有の精神を持っているのかなと思った。

週末は大学から紹介される人の家に行くか、仲良くなった人の家にホームステイをすることもあった。
ライアンは、実家に招待してくれた。黒人家庭を訪れたことはなく、楽しみであった。

大学当局は、日本の高校生のホームステイ先として適切か調べた。
しかし、驚いたことにライアンとその兄は大学には在籍していなかった。
でも、「在籍していないのになぜ寮に住めるのかな」と不思議だった。
今もどうして寮に住めたのかわかっていない。

さらに、ショックだったのはライアンと兄は泥棒で大学に警察が来て、逮捕されたことであった。
自分には親切で、何も盗まれていないし、驚いた。

ライアンは何か盗もうとして近づいて来たのかもしれない。
しかし、自分と気が合ったので、話しているうちに「何かを盗む」ことを忘れてしまったのかもしれない。
真意はわからないが、最初から「盗む」を目的として近づいて来たのではないということを信じたい。